【au】下取りは販売店でやるより郵送下取りの方がお得

下取りプログラム(乗りかえ)



郵送下取り

メリット

下取り金額が入るのが速い

auの定めた下取り金額満額が入る


デメリット

本人限定受取(特)で回収キットが送られて来るので本人が不在の時、家族が受け取る事ができない

WALLETポイントでの付与なので、現金より使い勝手が悪い


店頭下取り

メリット

現金


デメリット

auの定めた下取り金額から消費税分(8%)くらい少なくなる

キャシュバックに増額という形を取るので、3ヶ月後くらいになる


実例

2016年5月23日契約分

下取り ガラケー2台 ドコモ ソフトバンク

郵送下取りを選択

本来は下取り端末を店舗に持っていく必要がないはずだが、店で確認

5月24日 郵送キット着
25日 発送
26日 着
27日 ポイント入る 10800x2=21600

ポイントはPhoto-Uの回線のauidに移して、au WALLETカードにチャージ

契約4日後に 21600円分使用可能になった

この時の下取り端末はブックオフと、独立系のリサイクルショップで購入

2台で3180円だった。

3180円が21600円になったので、18420円のお得


もし、店舗での下取りを選択すると下取りによるキャシュバック分は20000円

-1600損

キャシュバック日は7月25日だったので約2ヶ月遅くなる






10月23日契約分

下取り 某併売店チェーンでは郵送下取りでも端末を持っていって

IMEIを手書きの申込書1枚目に書く ドコモのスマホ

10月25日着 受け取れず
10月26日 地元の郵便局、ゆうゆう窓口に受取に行く

10月30日送付 ヤフオクで送料込710円で買った違うドコモのガラケーを送る 
10月31日 au電話機回収センター着

11月4日 8640ウォレットポイントが入る

10月30日契約分

11月2日着 受け取れず
11月3日 地元の郵便局、ゆうゆう窓口に受取に行く 送付
11月4日 au電話機回収センター着
11月8日 8640ウォレットポイントが入る

1台は710円 1台は元からあったドコモのガラケー

710円→17280ウォレットポイント







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント