【ドコモ】他社端末持ち込みFOMAバリュー契約と2in1【2019年9月30日受付終了】

SIMフリー ソフトバンク 740SC ホワイト 【SIMロック解除済み】




2016年10月20日 ソフトバンク740SCを持ち込み FOMAタイプシンプルバリュー契約 Aナンバー

同時に2in1のBナンバー作成、ここで預託金8万円が必要になった

10月23日 BナンバーauにMNP転入

10月30日 AナンバーauにMNP転入

※同時に2in1の2番号をMNPする場合は必ずBAの順番で開通させるよう店員に念を押す必要がある


AがMNPした時点でBナンバーはMNP不可になる

Aの料金

FOMAタイプシンプルバリュー 10月20日から29日分 478

MNP手数料 2000

契約事務手数料 3000

消費税 438

計 5916

Bの料金

タイプ2in1同一名義 10月20日から22日 77

MNP手数料 5000

消費税 406

計 5483

AナンバーのMNP手数料は契約後90日以内であるので5000円+消費税400円と思っていたら

2000円+消費税160円だった。

2番号の合計 11399円

預託金8万円は2016年12月22日、預けた時に指定した銀行口座に返金された。預託期間は約2ヶ月だった。

2018年8月 Bナンバーは預託金を求められるだろうと思ったので、Aナンバーだけ作った。

2019年5月 Aナンバーに対しても預託金10万円を求められた。

FOMAの各種料金プラン、2in1の受付は2019年9月30日まで。以降はFOMAの新規契約受付はキッズケータイF-03Jを対象とした「キッズプラン」のみとなり、利用者登録に12歳以下の家族を登録しないと契約できなくなる

他社端末持ち込みFOMAバリュー契約(2年契約なし)によるMNP球作成のメリットは

安い

全国のドコモショップでできる

契約翌日にMNP予約番号を発行できる

しかし、デメリットは

やりすぎると契約に際し預託金を求められる。

5万円→8万円→10万円→?

最大20万円?

最初Bナンバー発行に対してのみ預託金を求められるが、そのうち通常契約に対しても預託金を求められる


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント