【au】SIMロック解除した他社Android端末でLTE NETを使う

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlocked/#attention

SIMロック解除した他社販売のiPhoneはau ICカードを挿すだけでLTE NETで通信が可能

Android搭載の他社携帯電話機でインターネットをご利用になるには「LTE NET for DATA」にご加入いただき、インターネットの接続設定を行なっていただく必要があります。Android搭載の他社携帯電話機では「LTE NET」によるインターネット接続ができませんのでご了承ください。


従来のプランならLTE NETを外し代わりにLTE NET for DATAに加入すればよかった。それでも月額216円高くなるしかし、ピタットプランではLTE NETを外す事ができなので、auの公式見解に従えば540円も高くなってしまう。

有志の方が解析したLTE NET用APNが公開されている。このAPNを指定する事で他社Android端末でもLTE NETで接続することができるようだ。

例えば
【APN】uno.au-net.ne.jpで通信を行なう方法

LTE NET(他社Android端末用) 

APN uno.au-net.ne.jp
APN uno.au-net.ne.jp
ユーザー名685840734641020@uno.au-net.ne.jp
パスワードKpyrR6BP
MCC 440
MNC 51 (以前のLTE SIMは50
認証タイプCHAP
APNタイプdefault,supl,mms,hipri
APNプロトコルIPv4/v6
APNローミングプロトコルIPv4

LTE NET(テザリングオプション利用時)

APN unitrg.au-net.ne.jp
ユーザー名 X36yN3Dhe9UjPhzm@unitrg.au-net.ne.jp
パスワード KpyrR6BP
認証タイプ CHAP
APNタイプ dun

かつてのドコモのようにIMEIで制限していないようで、手持ちのSH-02Jでは接続できた。テザリングオプションに入っていないのでテザリング用のAPNは試していない。

接続する場合は自己責任で

ところで、au系の端末の中には.au-net.ne.jpの文字列があるとAPNが保存できない仕様になっている端末がある。かつてUQ mobileから販売されていたLG G3 beatがそうだった。

ドコモはSPモードでの接続や自社Android端末でドコモ系MVNOを使用した場合のテザリングを制限してきたが自主的に撤廃した。

事実上接続できるのなら、公式見解を改め、他社Android端末にもLTE NETを開放すべきである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント