ムスビーで携帯電話を売却する

白ロム専門サイト/ムスビーで中古の携帯電話、スマートフォンを購入する話はネット上に色々ありますが、個人がムスビーで売却した話は見つからなかったので記事にしたいと思います。

ムスビーでは、出品をする前に本人確認書類の画像をアップロードする必要があります。そういう意味でちゃんと身元がはっきりした人から購入できるというメリットがあります。

売る側から見てのムスビーの特長

業者優遇
→個人出品者は入金確認後2日以内発送が場合によってはきつい。業者の場合は2営業日以内と条件がゆるくなる。その他優遇あり。

即売商品にしなければ、アマゾンマーケットプレイス等と同時出品できる。
しかしその場合、24時間以内に注文確定連絡をしなければ、在庫無しとして出品は強制的に削除されます。

Gmailで登録していたのですが、Googleではムスビーからのメールを「重要」とみなさないようです。広告メールが多いので、「重要」フラグのついたメールばかりチェックしていたら、ムスビーからの受注メールを見落としてしまいました。気がついたのは出品が削除してから数時間後! みすみす販売機会を逃してしまいました。

即売商品にすれば注文確定連絡が不要になるかわりに受注後のキャンセルは商品売価の20%という高額のキャンセル料が発生する

送料込みの売値設定
→買う側から見てわかりやすいようだが、ムスビーでは買う側も手数料がかかる

手数料高め 売る側10.26% 買う側324円から
販売価格の89.74%が実際に入金される金額になる

普通郵便など受取サインのない発送方法禁止
→最低でもレターパックプラスで発送する必要がある

購入者が受取確認すると売上が計上される仕組み。3日以上経過しても買い手から受取完了連絡がない場合は自動的に受取完了となる。
アマゾンマーケットプレイスでは発送通知をすると売上金に計上。ヤフオクでは15日間。

購入者の自己都合による返品は認められていない。

アマゾンマーケットプレイスは自己都合を含め商品到着から30日間は返品に応じなければならない。ヤフオクは返品不可の条件で出品可能。

入金は月1回20日は振込手数料無料だが、それ以外はポケット出金205円

アマゾンマーケットプレイスでは通常週1回の振込、それ以外でも無料で振込請求ができる。

ヤフオクの相場より高めで売れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント