ウェブリブログ改悪

私が思う改悪点

①記事毎の閲覧数がわからなくなった。データの信憑性はともあれ、反応のいい記事は更新する意欲が出たのに。記事編集画面で閲覧数順にしたりできなくなった。
②記事編集画面でテーマ別に記事を出すことが出来なくなった

携帯ショップのブログ

最近でも更新しているもの
※クーポン使用に際し条件が悪化するショップのブログは除外した

テルルはフランチャイズ店がブログをやっているようだ。

直営店かフランチャイズ店かはテルル店舗検索から各店舗のページを見る。

運営会社:株式会社ピーアップ と書いてあるのが直営、それ以外がフランチャイズ

テルルのフランチャイズ店の場合、キャッシュバックの銀行振込に手数料を取る場合があるので要確認

株式会社YTM
小岩店
https://ameblo.jp/teluru-koiwa

テルルモバイル大井町
http://ameblo.jp/teluru-oimachi/


三軒茶屋、大井町、大森西口
http://ameblo.jp/teluru-sancha/

テルル東大宮、大宮七里、テルルパークアピタ宇都宮、せんげん台
株式会社ワンハンドレッド
https://ameblo.jp/onehundred000100/

テルルランド東岩槻、野田
株式会社マッシュアップ
http://ameblo.jp/mash-up-h-iwatsuki/

有限会社UTMM
テルル田無店
https://ameblo.jp/teluru-tanashi/

テルルふじみ野店
https://ameblo.jp/teluru-fujimino/

株式会社エナジーシステム
テルル大和店
https://ameblo.jp/teluru-yamato/





AQUOS EVER SH-02J

SHARP docomo AQUOS PHONE EVER SH-02J RosePink

新品価格
¥14,800から
(2018/8/5 02:43時点)




発売日 2016年11月4日

wikipedia SH-02J ページ存在せず

LTE対応周波数 バンド1,3,19

価格コム SH-02J レビュー

2018年7月、ノジマオンラインでローズピンクが中古品で5300円だったので、防水、おサイフケータイ、Android8アップデート可能なのに安いなと思って買った。

ドコモショップに行ってIMEIで調べてもらったら、最初のオーナーが2017年3月に契約したようだ、1年ちょっとで我慢できなくて手放したのか

ヤフオクで2500円でSIMロック解除コードを買った。

現在はmy docomoから無料でSIMロック解除コードを入手できる。

RAM2/ROM16なのだが、ドコモの余計な機能(ひつじ等)+シャープの余計な機能(エモパー等)のせいでかなりもっさりする時がある。

サブ機で使うのでもイラつく時がある。

SIMカード出し入れの面倒さ

元々SIMカードとは高速道路を数時間走れば、国境を越えてしまい、携帯電話ネットワークが変わってしまうヨーロッパでの需要があってGSM規格が開発されたときに作られたものだ。

国内メーカー製品は島国日本向けにのみ開発されていて、SIMカードを煩雑に入れ替えるということを重視していない、想定していない。

長年携帯電話を使用しているが、自分では1回もSIMカードを入れ替えたことがない人が大半だろう。

この機種に限らず、国内メーカー製品はSIMカード入れ替えで苦労する。

SIMロック解除してau系MVNOで使う場合のデメリット

LTEバンド1しか使えない。2.1GHz帯という高い周波数なので大きな建物の奥に電波が浸透しにくい。

一方、ソフトバンク系はLTEバンド1に比べ、バンド3も使えるので電波のつかみは問題がない。

サブ機で約1年間使った。

メルカリでゆうゆうメルカリ便の発送に使うバーコードが生成できないというトラブルが発生した。

今現在、この機種を例えサブ機でも使うのはおすすめしない。




ムスビーで携帯電話を売却する

白ロム専門サイト/ムスビーで中古の携帯電話、スマートフォンを購入する話はネット上に色々ありますが、個人がムスビーで売却した話は見つからなかったので記事にしたいと思います。

ムスビーでは、出品をする前に本人確認書類の画像をアップロードする必要があります。そういう意味でちゃんと身元がはっきりした人から購入できるというメリットがあります。

売る側から見てのムスビーの特長

業者優遇
→個人出品者は入金確認後2日以内発送が場合によってはきつい。業者の場合は2営業日以内と条件がゆるくなる。その他優遇あり。

即売商品にしなければ、アマゾンマーケットプレイス等と同時出品できる。
しかしその場合、24時間以内に注文確定連絡をしなければ、在庫無しとして出品は強制的に削除されます。

Gmailで登録していたのですが、Googleではムスビーからのメールを「重要」とみなさないようです。広告メールが多いので、「重要」フラグのついたメールばかりチェックしていたら、ムスビーからの受注メールを見落としてしまいました。気がついたのは出品が削除してから数時間後! みすみす販売機会を逃してしまいました。

即売商品にすれば注文確定連絡が不要になるかわりに受注後のキャンセルは商品売価の20%という高額のキャンセル料が発生する

送料込みの売値設定
→買う側から見てわかりやすいようだが、ムスビーでは買う側も手数料がかかる

手数料高め 売る側10.26% 買う側324円から
販売価格の89.74%が実際に入金される金額になる

普通郵便など受取サインのない発送方法禁止
→最低でもレターパックプラスで発送する必要がある

購入者が受取確認すると売上が計上される仕組み。3日以上経過しても買い手から受取完了連絡がない場合は自動的に受取完了となる。
アマゾンマーケットプレイスでは発送通知をすると売上金に計上。ヤフオクでは15日間。

購入者の自己都合による返品は認められていない。

アマゾンマーケットプレイスは自己都合を含め商品到着から30日間は返品に応じなければならない。ヤフオクは返品不可の条件で出品可能。

入金は月1回20日は振込手数料無料だが、それ以外はポケット出金205円

アマゾンマーケットプレイスでは通常週1回の振込、それ以外でも無料で振込請求ができる。

ヤフオクの相場より高めで売れます。

宝島24でVR動画を見てきた

結論

宝島24のVR動画はPCで見るものと、VRゴーグルで見るものがある

ほとんどの店はVRゴーグルで見るもの。多くの動画が見れるのだが検索ができないので避けるべき。

宝島24 店舗を探す
http://takarajima24.com/shop/

お店ではVRを推していて、VRのバージョンが新しくなりましたなどと宣伝がしてあるのだが、店舗検索にはどの店でVRが見れるのか? 料金はどうなのかが全然わからない。

PCでVRを見る方式の方は動画の検索ができるようだ。

秋葉原、上野、赤羽店

料金は

1時間1050円

1時間(ジョークグッズ付き)1200円

1時間半(ジョークグッズ付き)1600円

3時間(ジョークグッズ付き)1800円←通常2000円の所キャンペーン割引

VRなしで2時間1600円なので割安

もらえるジョークグッズはいわゆるオナホで、オナドロイド・ジャパンというメーカーの

GRIPSというテンガぽいやつのハードタイプとソフトタイプ、あともう一種

グリプス ソフト

新品価格
¥400から
(2019/6/24 04:42時点)




アマゾン売価送料込み900円

パッケージの中にスポンジが入っていて、その中に超小型のホールが入っている

VRゴーグルはPICOという中国メーカーのもの。型番はわからなかったが動きの早い動画になると固まったのでそれほどスペックの高いものではなさそう。

それにヘッドフォンとローカル動画が入っているHDD

ネット動画はWi-Fiの速度が充分ではなくほとんどスムーズに見れなかった。

VRコースは時間を教えてくれないので注意。

【au】パス系をサクッと解約する

auの新規契約時、セール条件として入らされる

スマートパスプレミアム等の〇〇パス(通称パス系→auの内部用語?)

パス系の退会は、

https://pass.auone.jp/pass_member/

ここからできます。auの推奨方法です。

実際にやってみました。

引き止めがすごい。この手のサービス、引き止めがすごければすごいほど、サービス提供側が自分たちのサービス内容に自信がない→続ける必要がないサービスだと私は考えます。

特にスマートパスプレミアムを解約する時、大きく「スマートパスプレミアムをスマートパスに変更する」リンクがあって、その下に「スマートパスプレミアムを解約」するリンクがものすごく小さくありますので注意が必要です。

1回線分やるだけでも結構なストレスでした。

サクッとやるには

auキャンペーンサポートセンター

0077-788-000

平日
12-20時
土日祝
10-20時

に電話して、オペレーターさんにパス系全部解約と言います。

パス系は初回加入日を含め30日間無料です。

初回課金日はauidでログインして

auかんたん決済>継続利用サービス一覧で確認できます

初回課金日の前日までが無料期間になります

継続する場合、初回課金日から月末まで日割り計算で課金、翌月1日に月額料金が課金されます。

ヘネシーVS700ml

アマゾン 送料無料 3274円

河内屋 2699円(現金のみ)

やまや 3002円(クレジットカード、交通系電子マネー、WAON、edy、クイックペイ、ID利用可能)