「ケータイ乞食」という言葉を使いたくない

「ケータイ乞食」「携帯乞食」という言葉に抵抗がある。携帯電話の契約条項のウラやMNPのセールを駆使し、得られた端末を転売して利益を得ようとする行為、それをしている人の事をネットではそう呼んでいる。ここで使われている乞食という言葉は一般的な日本語の乞食とは違う。

ツイッターのプロフに「ケータイ乞食」とか自己紹介しているひとは、リアル乞食に会った事がないのだろう。リアル乞食はしつこくいつまでもつきまとい、小銭や物を得ようとする。時には集団で襲いかかって奪おうとする

いわゆる「携帯乞食」は毎日朝から晩まで販売店に通いつめてiPhoneをよこせ、金をよこせとしつこく強要したわけではない。そんな事をすれば即通報され、逮捕だ

販売店がMNPで、こういう条件で契約してくれたらiPhoneをタダにします。場合によっては後日お金をあげますとオファーを出したからそれに乗っかって契約したまでで、そういう行為は日本語で「乞食」とは言わない

これまで、違和感を感じながら「ケータイ乞食」等の言葉を使っていたが、使いながらもやもやしていた。じゃあ何て言えばいいのか? MNPer? ケータイハンター?

「携帯乞食」よりも「ケータイハンター」の方がおれは実態に合っていると思う。ハンターはジャングルの中でこれまでの経験や様々な森からの情報から獲物を追いかける。ケータイハンターは都会のコンクリートジャングルの中でネット情報から案件を追いかける

ハンターは獲物を必要な人に売ることもあれば、自分で消費することもある。ケータイハンターは獲物(端末)を(主に大陸の)必要な人に売ることもあれば、自分で使うこともある

乞食行為は日本では軽犯罪法違反で違法だ。しかし「携帯乞食」行為は違法ではない。(数百人名義で携帯電話を契約し端末を転売して逮捕された例はあったと思う。立件されたかは不明)

個人や家族が各携帯電話会社の約款に従って許される回線数契約して、短期間で他社へ乗り換えていくのは認められているし完全に合法だ。契約時一括購入(0円)した端末は契約者に所有権が移っていて、それを捨てようが売ろうが自由だし合法だ

「携帯乞食」「ケータイ乞食」という言葉、おそらく店舗スタッフ側から出た言葉ではないかと思う。店舗側も成績が上がればいいと考える者もいれば、自分たちが売った物はちゃんと使ってほしい、転売してほしくないという人もいるだろう

auのiPhone8 64GBをほぼ一括0円で3台MNPしてきた話

auのiPhone8 64GBをほぼ一括0円で3台MNPしてきた話

たまに参考にさせてもらっています。

もにもにたのプロフィールによると関西の私立大学の教授だそうです。

定点観測シリーズとして、何回か出ています。大学教授だけあって、読みやすくまとまっています。私はツイッターで案件を検索して、良さげなところをさらに電話で条件を聞いて予約、当日契約という感じです。しかし、プロなケータイハンター(ケータイ乞食の方が通りがいいが、私はこの言葉を使いたくはない)の方々は量販店を回って好条件を引き出されているようで、この記事でも関西の量販店となっています。

疑問なのは、下取り端末のコストで、ジャンクスマホを20台を6000円でヤフオクで購入したので、1台あたり300円と計上しています。しかし、20台全部下取りに適した端末だとは思えません。だからジャンクなわけで。20台ジャンクをまとめて買って、1台しか下取りしていなかったら下取り端末のコストは6000円になるのではないでしょうか?

auでは同一名義で3台新規契約(MNP転入もauから見れば新規)する場合、1台は家族の名義で利用者登録をしなければ契約できません。利用者登録をする家族は契約者本人と同伴する必要がなく利用者登録する家族の本人確認書類も原本でなくコピーで可能です。例えば、家族の本人確認書類が運転免許証だとして同伴が必要ないのに原本を求めたら、その家族の人はその日自動車を運転すると免許証不携帯で違反になってしまいます。同伴しなくてもOKならば、その本人確認書類もコピーOKなのは道理だと思います。黙って「3回線目は利用者登録必須になるのでこちらがその本人確認書類です」といってコピーを渡せばOKです。

【A8セルフバック】ネットオフよりブックオフ



以前にA8.netのセルフバックを利用してネットオフで本の郵送買取をしました。

段ボール箱が無料でもらえて便利だったのですが、査定額は低く、結果セルフバックの報酬も得られず、おすすめできないという結論になりました。

ブックオフの買取の方が最低査定金額の制限なしにセルフバックでの報酬がもらえるようなので、こちらの方が良さそうです。

10冊からの買取となっています。ただし、ブックオフでセルフバック報酬がもらえるのは初回のみです。

ネットオフとブックオフ、まぎらわしいのですが別会社です。

【TSUTAYAのスマホ】トーンモバイルお試しレンタル




売れっ子俳優坂口健太郎さんをキャラクターに採用しているTSUTAYAのスマホ、トーンモバイルは、まずお試しレンタルをする事ができます。

一人一回、一週間借りられる。借りられるのは現行機種のm16です。

レンタル料は無料だが、TSUTAYAのレンタル登録したTカードが必要。登録時に入会金や年会費がかかるので、完全無料ではありません。私のTカードの場合、以前レンタル登録してあったのですが、期限が切れていたので、TSUTAYAのレンタル年会費324円が必要になりました。

制限アプリが入った状態で借りる。自分でリセットできないので、リセットは返却時に行う

貸してくれるm16という機種はトーンモバイルオリジナル機種だが、富士通のarrows M04ベースのようだ。
返却時のアンケートは答えないでOK

これとは別に、Tポイント100ポイントもらえるアンケートをやっていて、こっちはぜひ答えたい。

トーンモバイル取り扱い店舗全てでお試しレンタルができるわけではありません。むしろ借りられる店舗が少ないです。

Tポイントをまとめる

まとめるTカードのヤフーIDでログイン

https://tsite.jp/r/ptido/
にアクセス

BCパターンの方をクリック

電話番号による認証

移動先のヤフーIDに表示の電話番号から番号通知で書いてあるフリーダイヤルにかける
最初の2回が携帯で、次3回が固定電話の番号だった

移動完了

5回までできた

アップルストアのセッションに参加してみた

アップルストアでは毎日さまざまなセッション(講座)を無料で行っています。

今回アップルストア銀座店で

Basics:iPhoneとiPadの中級編

に参加してみました

Apple Storeアプリの下のタブのうち真ん中の「セッション」>今後の予定の所で近くのストアで行われるセッションの予定を見ることができます。

すぐ満席になったので、3階のホールで100人位集まって行われるものだと思っていました、実際には2階の売り場のテーブルを一つ使って行われました

参加者は私を含めて4人。席は全然空いていたので当日飛び入り参加もなんとかできそうな感じがしました。定員が何人なのでしょうか? 多分ドタキャンが多いのだと思います。

皆さん私よりも年上で70歳代と見受けられました。iPhoneとiPadを持っての参加です。私のようなiPhone6sだけというのはちょっと気後れしてしまいます。

内容は通知の設定についてでした。アイコンの右上についている丸数字の事を「バッジ」ていうのを初めて知りました。

最後にアップルストアアプリを入れると便利ですよという紹介をされました。私以外の参加者はアプリを使っていないようでした。すると、どうやってこのセッションを予約したのでしょうか?

【ソフトバンクプリペイド4Gケータイ】Simply 602si【シンプルスタイル】

ソフトバンクオンラインストアで6458円(送料無料)、4000円分のチャージが含まれているが、契約事務手数料分として3240円がすでに引かれています。

シンプルスタイル(ケータイ)専用料金プラン

メール自社宛SMS送信は別途シンプルスタイル(4Gケータイ)専用パケット定額サービスに加入する必要があります

30日間 100MBで300円

360日後(実際には12回月をまたいだ後らしい)に違約金約2万円なしでMNPできるようになる

MNP手数料は3240円で、ソフトバンクショップに行き現金で支払う

ハピタスからソフトバンクオンラインショップに申し込むと650円分のポイントがもらえる。大体承認まで40日程度かかった


この機種はmy softbankよりすぐにSIMロック解除ができる。しかし、au系は使用できなかった

my softbankはコールセンターに電話して初期パスワードをSMSで送ってもらう。その後パスワードを変更する

ハピタスを通してソフトバンクオンラインで購入し、約1年後auにMNPした場合そのコストはこうなる

端末代 6458
ハピタスからのポイント -650
MNP手数料 3240
au下取り -8640

時間はかかるが、なかなか優秀な球になる